ずっと10年間管理栄養士として社員で働いてきましたが、結婚して退社したのをきっかけに、違う仕事をしてみたいと思い、ヘルパーの資格を取得し介護職として働いています。

やりがいを感じる仕事とは
やりがいを感じる仕事とは
やりがいを感じる仕事とは

38歳 女性の話「ずっと10年間管理栄養士として社員で働いてきましたが」

ずっと10年間管理栄養士として社員で働いてきましたが、結婚して退社したのをきっかけに、違う仕事をしてみたいと思い、ヘルパーの資格を取得し介護職として働いています。管理栄養士の資格を持っていて、ヘルパーで仕事をしていると、いろいろな人から勿体ないと言われるのですが、私は今ものすごく仕事へのやりがいを感じて、充実した日々を送っています。
高齢者介護の仕事は、人生の大先輩方の自立へのお手伝いをする仕事です。
当たり前ですが、人が相手の仕事なので、難しい人間関係に悩まされることもしばしばあったり、時には罵倒されて辛い思いをすることもあります。
でも、「ありがとう。」の一言や「あなたがいると明るい気分になれるわ。」などの嬉しい言葉をかけてもらえることもあって、そんな時には大変なことを忘れるくらい嬉しいのです。

大好きだった利用者様が天に召されて辛かったり、寂しかったりすることもありますが、だからこそ生きている今を大事にしてもらいたい、少しでも楽しいと思ってもらいたい、不自由な部分はあるけれど自信をもって欲しいという思いが強く、毎日の仕事に対して手を抜かずに頑張れるのです。

特に、施設を利用し始めた時には、元気がなかった方が、ものすごく元気に生き生きされているのを見ると、こんなに素敵な仕事はないなと思えるのです。

正直、給与面や社会的地位では、管理栄養士をやっていた頃の方が評価されていたと思いますが、介護職に転職したことに一切後悔はありません。なぜなら、私自信がこの仕事をすることで、ものすごく楽しいからです。
利用者さんとのコミュニケーションもですが、同じ職員同士でもどうやったらもっと利用者さんに喜んでもらえるのかを考えて実行するのが楽しいのです。
何が楽しいのかを考えてみると、きっと自分がこの職場で必要としてもらえていると実感できることで、やりがいを感じられるからではないかと思います。
私が仕事でやりがいを感じるのは、必要とされていることを実感できたり、私がやった仕事に対する感謝の気持ちを言ってもらえることや、私の行動で誰かが元気になってくれると実感できた時です。

おすすめ情報



Copyright(c) 2017 やりがいを感じる仕事とは All Rights Reserved.