労働とは自分が自立して生活していくための糧を得る手段です。

やりがいを感じる仕事とは
やりがいを感じる仕事とは
やりがいを感じる仕事とは

37歳 女性の話「労働とは自分が自立して生活していくための糧を得る手段です」

労働とは自分が自立して生活していくための糧を得る手段です。

しかし、そうは言いましても、やはり、好きなことを仕事にしたい、他人から見ればかっこいいと思われる職業に就きたい、福利厚生のととのった、給料のいい大企業に勤めたい、と思うのが人情でしょう。
私は過去、何回か転職を経験いたしました。
派遣で働いた製造現場から、事務職、教育職、大好きな印刷物の編集や企画にたずさわる仕事まで。それぞれの仕事に、楽しかったことも、辛かったこともあります。
仕事にやりがいを感じたとすれば、それはその作業に没頭していても、時間が過ぎるのがあまり苦にならないことでしょうか。さらに自分の手がけたものが、会社の利益になるのはもちろんのこと、自分の成果としてはっきりと他人に認められることです。

どんなに長時間勤務でも、安月給であっても、自分の残したものがなにかに誰かに影響を与えることができる、それを確信したのならばその仕事は辛いとは思えませんでした。
お金はもちろん必要ですが、お客さんにありがとうと感謝される、その言葉と笑顔だけがなによりの報酬といえるでしょう。
ですから、とてもよいサービスを受けた時には、私も客として最大の敬意を払って「ありがとう」を贈りたいと思っています。


Copyright(c) 2017 やりがいを感じる仕事とは All Rights Reserved.