私が就職をした時は、超氷河期と言われて、とても就職が難しい時でした。

やりがいを感じる仕事とは
やりがいを感じる仕事とは
やりがいを感じる仕事とは

25歳 男性の話「私が就職をした時は」

私が就職をした時は、超氷河期と言われて、とても就職が難しい時でした。
進路の先生が親身になって世話をしてくれましたが、卒業間際になっても、まだ就職先が決まっていない状態で、やっと就職できたのは、教頭先生の知り合いだという方の会社で、それも契約社員ということで就職することができました。

その後、リーマンショックが起こり、あえなくリストラされてしまい、いまは介護の仕事をしています。
以前は流れ作業が大半を占める職場でしたが、今は高齢者のみなさんを相手の仕事です。
どちらも真面目に仕事をしているつもりですが、利用者の方に喜んでもらえるとやりがいを感じます。
きっと、やりがいを感じる仕事というのは、人それぞれだと思いますが、誰かに感謝される仕事というのは、もっともやりがいを感じることができる仕事なのではないかと思います。
もちろん、介護の仕事でも、感謝される時ばかりではありませんが、それでも誰かに感謝されたことによって、何があっても頑張ろうという気持ちになります。

おすすめ情報



Copyright(c) 2017 やりがいを感じる仕事とは All Rights Reserved.